浄化槽

浄化槽とは

浄化槽は、トイレや台所や洗濯機やお風呂場からの汚れた水をきれいにして、川や海に流しています。 汚れた水の大部分は有機物(ゆうきぶつ)という動物や植物の一部や排泄物です。 浄化槽内では、有機物は微生物によって食べられて分解され、きれいな水に変えられます。 汚れた水をきれいにする主役は「微生物たち」で、浄化槽はその微生物たちが活動で きるように造られた装置です。

浄化槽の種類
合併処理浄化槽
嫌気ろ床担体任流動生物ろ過方式

合併処理浄化槽は、トイレからの排水だけではなく台所などからの生活雑排水も併せて処理するため、川へ流出する汚れが、みなし(単独処理浄化槽)の8分の1、汲取トイレの7分の1となります。

みなし浄化槽
単独分離接触ばっ気方式

みなし浄化槽(単独処理浄化槽)は、下水道施設や合併処理浄化槽に比べて、浄化性能が大きく劣っています。 加えて、し尿以外の生活雑排水(台所、風呂、洗濯の排水など)は処理をすることが出来ません。

浄化槽法

浄化槽法とは、浄化槽の製造、設置、保守点検および清掃について規定し、工事業者の登録、清掃業の許可制度や浄化槽設備士、および管理士の資格などを定めた法律です。浄化槽を正しく管理するために保守点検・清掃・法定検査の三つが浄化槽法により義務付けられています。

保守点検

微生物たちが、活動できる環境を維持することが、非常に重要となります。定期的に保守点検を行うことによって本来の機能を発揮します。点検回数は、法令で定められており、小型浄化槽(20人槽以下)ならば,概ね最低でも3ヶ月に1回 ~4ヶ月に1回程度必要となります。当社では、有資格者(浄化槽管理士)が定期的にお宅に訪問し、浄化槽の保守点検業務を行います。

主な点検内容
  • 浄化槽の使用状況の確認
  • 各装置の点検・調整
  • 水質の測定
  • 消毒薬の補給
お客様宅に到着
蓋を開け、点検開始
浄化槽蓋を手洗いします。
水質検査、機器調整、薬剤の補給等
ブロワー(送風機)の点検、清掃
点検終了
清掃

微生物の働き等により、浄化槽内部では、汚泥やバクテリアの食べかすであるスカムが堆積します。 この汚泥、スカムを取り除き、機器類を洗浄することが清掃です。 浄化槽清掃は、年1回以上(全ばっき式は半年に1回)行うことが義務付けられています。

保有車両写真(全車無線・ドライブレコーダー装備)
①現場に到着
②清掃前の状態
③清掃作業中
④清掃後の状態
⑤水張りをして終了
法定検査

浄化槽の管理者(設置者)は、浄化槽法により、上記の保守点検、清掃を適正に行うと同時に県指定 の検査機関による検査を受ける義務があります。

7条検査

浄化槽使用者は、使用開始後3か月を経過した日から5か月の間に、県の指定した検査機関の水 質検査を受けることが義務付けられています。(浄化槽法第7条)これは、水質等を検査することにより、主に、浄化槽の設置工事等が適正に行われたか否かを判 断するものです。

11条検査

浄化槽使用者は、7条検査のほか年1回、県の指定した検査機関の定期検査を受けることが義務 付けられています。(浄化槽法第11条)この検査は、保守点検及び清掃が適正に行われているか否かを判断するものです。

日常管理
  • ブロアー(モーター)の電源は切らないで下さい。
    浄化槽に空気を送らないと微生物が死んでしまうからです。
  • 劇薬を含む洗剤は、なるべく使用しないで下さい。
    除菌効果の高い塩素系洗剤等の劇薬成分を含む洗剤等を使うと微生物が死んでしまうことがあります。
  • 必ず、トイレットペーパを使用して下さい。(出来れば再生紙が好ましいです。)
  • 油脂類はなるべく流さないで下さい。
維持管理をしなかったら
  • 浄化槽内部に汚泥やスカムが蓄積し、汚泥量が増大する等の悪影響が出ます。
  • 排水から悪臭が発生します。(自宅だけでなく、近隣の方にもご迷惑となります。)
  • 維持管理を正当な理由なく実施しないときは、以下の罰金が適用されることがあります。
    (清掃・保守点検)6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金
    (法定検査)30万円以下の過料
浄化槽のことならお気軽にご相談下さい。
もちろん、お見積りは無料です。