下水道管路維持

管渠清掃

下水管及び排水管等の清掃のことです。高圧洗浄車から噴射される高圧水により管渠内の洗浄を行いま す。管渠内には汚水が流れており、ジェット水で管内に堆積している土砂等を洗浄・除去します。

施工前
施工中
施工後
管渠調査

(TVカメラ調査・流量測定・送煙・圧気・注水(φ100mm以上))

下水道管内に自走式カメラロボットを入れ、管内の状況を調査します。クラック・破損・モルタル付着・管のずれ・木の根などの様々な原因により管の正常な機能が失われます。テレビモニターに写し出された異常箇所の状況をビデオによる映像として記録します。

自走式カメラロボット
保安対策
作業風景
作業風景

●目視調査人孔内(φ800mm以上の管渠内)
●特殊取付管推進工法

側溝清掃・水路浚渫

側溝や水路に土砂・ヘドロが堆積すると、排水機能が低下します。堆積した土砂等を洗浄し、吸引 することで、排水機能が正常に戻り、悪臭もなくなります。通常、汚泥吸引車・高圧洗浄車・給水車 の3台で作業します。

● 側溝清掃

施工前
施工中
施工後

●水路浚渫

施工前
施工中
施工後
伏せ越し清掃

伏せ越しとは、用水路または排水路が河川と交差する場合において、河床の下を横断するものです。

施工前
施工中
施工後
LLC100工法(下水道マンホールの更生工法)

LLC100は汚泥焼却灰の有効活用のため、汚泥焼却灰とシャモット(セラミック・タイルを砕いたもの)と粘土を混合し、 高温(1,000~1,200℃)で焼いた「セラミック・タイル」(無機物、磁器)を使用する下水道マンホールの更生工法です。

施工前
施工後
FRP内面補修工法(取付管一体型)

地下に埋設された下水道管路内で発見された不良箇所に対して、補修機をマンホールより投入し移送 することで、短時間で部分補修を行います。
FRP工法とは非開削工法であり、現場で補強材に熱硬化補修材を補修機に装着し、補修箇所まで移送 して管壁面に補修材を加圧密着させヒーターで加熱硬化させる工法です。

施工前
施工後
施工前
施工中
施工後